今日から2月です。

花粉の飛散量がニュースになる時期になりました。日本気象協会の予報によると、西日本では例年よりも多くなるとのことです。この予報を見ると不安を募らせる人も多いのではないでしょうか。製薬メーカーも次々に新しい薬を続々登場させてきます。2月はスギ花粉、3月に入るとヒノキ花粉が飛散します。当診療所では、花粉症でお困りの方のご相談に乗らせていただき、ご希望に沿えるような治療を実施しています。眠くなりにくい内服薬や漢方薬に加え、点鼻、点眼、その他の治療法も実施しています。お気軽にご相談ください。

粉情報については、日本気象協会HP(https://tenki.jp/pollen/expectation/)を参照してください。花粉飛散量の例年比や前年比なども掲載されています。

 

※ご自身にアレルギーがあるのかないのか、あるのであれば何のアレルギーなのかを検査で知ることもできます。検査費用は少し高めですが、ご自身の生活の質の向上のために受けてみることをオススメします。ちなみに、筆者はヒノキアレルギーということが判明しています。判明してから、ヒノキ風呂には入らず、ヒノキの入浴剤を入れなくなりました。(笑)ネコ好きな友人は、2人のネコたちと生活しているのですが、ネコの毛のアレルギーが判明しました。彼は、アレルギーなんか関係ない!とネコたちとの生活を続けています。ただ、部屋の中でもマスクをして対策をするようになりました。